ABC アートビジネスコンサルィングの使命(企業理念)

ABCことアートビジネスコンサルィングは札幌市に本社を構える「合資会社 横田教育技術研究社」のビジネスコンサルティング部門であり、新規事業として2014年8月1日にサービスを開始いたしました。

(資)横田技研は18年以上に渡り、小中学生対象 個別指導学習塾「横田進学教室」や、学生・社会人が好きな曜日、時間に通える「札幌プログラミングスクール」を経営してきました。2度の経営危機を乗り越えV字回復して、一貫して無借金で十分な余裕資本準備金を持つ松下幸之助の言う「ダム式経営」を続けてまいりました。

 さらに、大学時代より絵画制作と美術史・美術理論の学習の深く傾注し、その作品は東京の日本を代表する現代美術ギャラリストなどから高く評価され、プロのアーティストとしてお墨付きをいただいております。

 この度は事業の多角化という事で、プログラミングスクールより幅広い需要のあるビジネスコンサルティング事業、商品マーケティング、アートディレクション・ホームページ設計・制作業務に進出する事でより多くの方に貢献する事を目指して開業させていただきました。

このサイトはABCのブログ形式サイトです!

 ABCはこちらのサイト以外にHTML版のメインサイトと「ホームページ作成部門サイト」を有しております。
 
 このサイトはABCのブログサイトで、ビジネスコンサルティングに関する様々な有益な情報を投稿してあります。
 
いわばABCのデータベースです。ぜひ、日々の経営に役立てて下さい。

★コンサルティングの問題点は本当に効果が見込めるかどうか?

この1点にコンサルティング業務の疑問点が集約されると思います。

 特に、経営コンサルタントにはそんなにビジネスとマネジメントに長けているのであれば、なぜ自分が起業し大儲けしないのか?とう疑いが付いて回ります。

 そして、ABC アートビジネスコンサルティングはこの点に最大のUSP(企業の強み)を置いたコンサルティング企業なのです。
 
 つまり(資)横田技研は「札幌プログラミングスクール」というIT事業を15年以上経営し継続して営業するという結果を出してきたのです。それゆえにコンサルティングに当たっては自分では試した事のない机上の空論は言わないのです。

 ABCのコンサルティングは結果を出せます。

なぜならば

  1. コンサルタントがコンサルティング業務では無くプログラミングスクールなどのコンサルタントとは無縁の事業で継続して現在も安定して収益を得ていること。
  2. 短期間の利益の増大や一時的な儲けではな,18年に渡って継続して経営が続いており財務内容も良く無借金経営な事。
  3. 実店舗経営でも、通信教育というネットビジネスでも、両方で成功し利益を得ている事。
  4. 大学の商学部でビジネスについての専門教育を受け、卒業後も様々な経営関連の書籍・文献を吸収しそれらに非常に詳しくまたその知識・技術を実務で検証していること。
  5. 30年以上の絵画制作・現代美術の制作を行っており、その作品が高い評価を得ており、ビジネスとの連携・融合が図れること。

というコア・コンピタンスを有しているからです。

  1. アートセンス・デザインセンス
  2. 実店舗経営の実務
  3. ネットビジネスの実務と最新のノウハウ

の3つスキルが結びつけてコンサルティングするのがABCなのです。

このような現役IT企業家による経営コンサルティングは日本国内だけでなく世界的にも稀有では無いでしょうか

通常、コンサルタントはどれかの分野に偏っているものです。

 経営は戦争や格闘技に似ています。どんなに理論や事例を学んだとしても実際に命懸けで実戦しなければ分からないものです。そして、特に日本では会社の倒産や中高年での倒産やリストラは命の危険を脅かされる致命的なダメージを受けます。

 公表されている年間3万人に自殺者の内1万人は経営者と言われています。
しかも、起業して10年続く確率は5%。

 これに関与するのが経営コンサルタントなのですから、責任は重大であり資格や理論を取れば出来るというものでは無いと思うのです。

 宮本武蔵のようにいつも真剣で試合をして来た武道家のように、「数多くの修羅場をくぐりぬけて来た実業家だからこそできる有効なコンサルティングがある」と考えABCを創業しました。

皆様からの多くのお問い合わせ、ご相談を笑顔でお待ちしております。

合資会社  横田教育技術研修社
アートビジネスコンサルティング
代表  横 田 昌 彦

yokota2gif


このページの先頭へ