googleは○○国で審査する。

最近SEO対策の記事を書いてほしいという依頼があったので書いたところ、「それはアフィリエイトの教材から取った記事ではないか!」など、敏感にアフィリエイトについて悪いイメージを持って指摘して来るのです。

そこで「アフリエイトとWEBマーケッターが取るべきSEO対策のどこが違うんですか?」

と聞くと

違う面もあり、同じ面もある」と言います

お相手はWEBマーケットセミナーなどを開催している結構な規模の企業の担当者です。

例えば「Googleはサイトのロボットによる巡回と社員の目視による審査は○○国でやっているので・・・・・・」

と書いたら、

「出典はどこですか?」

というので、泣く子も黙る「カリスマX氏のDVD」です。(このDVDは市販されていません。)

と言ったら

「そんな本や文献でない、アフィリエイタの作ったDVDなど出典元として出せますか!出せるわけないでしょう・・・・!」

とおっしゃられる。

「もしかして、このお二人を知らないんですか?」

「○○の事も知らないんですよね。」

と聞くと

「存じておりません」と言います。

やはり・・・・・・。」と思うのと「えーーーーーっ!それでセミナーやってお金取っ良いのかなあ。」

と思うのと2つの思いが交差します。

アフィリエイタというとやはりY沢先生のイメージなんですねえ。世間では。

しかも、X氏のうような凄腕正統派アフィリエイタのノウハウは本当にガードが固く中々世になかなか出て来ません。

 そりゃあそうでしょう。同じ商品を売る同業者に自分の商売のコツを教える訳ですから

ですからこうういったノウハウはアフィリエイタのインサイダーで、信頼関係が築かれている者同士でしか伝達されないのです。

考えてみるとこれはユダヤ人の投資家同士のインサイダー情報交換に似てますね。

ジョージソロスとジム・ロジャーズとか。

ですから本当の貴重な情報は彼らのセミナーの打ち上げの飲み会などでASPの業者さんを交えての中で手に入るのです。


 という訳ですが、しかし、やはりアフリエイトと楽天などでの成功ノウハウは違う部分がすごく大きいと最近感じています。

次回はその辺も書かせていただくかもしれません。

※この記事が役に立ったらシェアお願いします↓

コメントを残す


このページの先頭へ